Long term study abroad長期親子留学

  • 長期親子留学とは? ▼

    ビザの取得が不要な3ヵ月未満の留学を「短期留学」、3ヵ月以上ビザ取得が伴う留学を「長期留学」としています。(国によって例外あり)実際には1~2年のご相談が多く、中には5年~10年と現地で卒業まで目指される方もいらっしゃいます。

    親子留学の種類

    • ・親(通学なしの付き添い)+子ども(学校へ通学)
    • ・親(学校へ通学)+子ども(学校へ通学)
    • ・親(学校へ通学)+子ども(付き添い)

    詳しいビザ情報はこちら

  • 長期親子留学は意外と大変? ▼

    過去に留学経験のある親御さんも頭を抱えるのが親子留学。単身とはまったく異なります。ただでさえ忙しい子育てをしながら、海外へのお引っ越し、または移住をするのと、ほぼ同じ作業になります

    準備

    留学先の国選び、学校選び、学校手続き、健康診断や予防接種、ビザ申請(書類収集、翻訳)、海外への必要品の発送、日本の学校や区役所への届け出

    到着したら

    住居探し、住居の申込みと契約、水道高熱の申込み、携帯電話契約、インターネット契約、車の購入、子どもの学校の手続きや入学初日の同行など・・・

    大変ですが、そのために弊社のサポートがあります。育児とお仕事を続けながら、ご相談から6ヵ月で視察と手続きまで完了し、渡航後2週間後から親子でそれぞれご通学。そんな方が多数です。

  • 長期親子留学成功のポイント ▼

    大変な親子留学。これまで15年お手伝いをしてきて、留学を成功させているお客様の共通点はこの4つ!

    • ・オープンマインドな姿勢と受容する力!
    • ・計画通りに行かなくても切り替えることができる柔軟性!
    • ・留学を「目的」とせずに、「手段」と考える長期的な視点!
    • ・前向きでさまざまな新しいことに感動できる感受性!

    いくつになっても、どんな状況も楽しめると留学は楽しくなります!

  • ご家族らしいの留学のために ▼

    昨今はインターネットでの情報が増え、専門家の情報だけでなく、現地に居住されている方々や一般の方々の情報発信が増えています。お客さまもご相談前に非常に多くの情報を得ていらっしゃいますが、参考にしている人が永住権保持者であったり、駐在や研究員であったりと、一見同じ海外生活ですが、日本から「留学」として渡航する方があまり参考にできない情報も多く含まれています。ご家族の目的とご自身の環境から導き出されるオリジナルの留学スタイルを大切にしてくださいね。

Type diagnosis of study abroad 留学先タイプ診断

A
確実な方法を選びたい
インテリジェンスタイプ

マレーシア

オーストラリア

ニュージーランド

マレーシア

オーストラリア

ニュージーランド


長期滞在や移住の意志が決まっていて、最初からビザの問題をクリアするなら、10年更新型の長期滞在ビザがあるマレーシアや、保護者ビザの制度のあるオーストラリア、ニュージーランド、または各国の永住権取得がお薦め。

保護者ビザがある国では、比較的容易に親子の留学が実現しますが小学校まではビザの更新が必要な場合も。
シンガポールやカナダには保護者ビザがありませんが、条件を満たせば保護者ビザのように家族での滞在が可能です。

また、投資や不動産購入による教育のための永住権取得も人気。永住権を持っておくとビザ上のステータスが安定し、さらに現地の公立校が無料になるなど、お子様の人数が多いご家族や長期的なプランをお考えの方には、メリット大。
アメリカの名門大学への進学を目指す方や、複雑なビザの問題を解決したい方にお薦めです。

↓【各国のオススメ校はこちらをクリックしてください】↓

マレーシア

オーストラリア

ニュージーランド
B
海外生活の選択肢を増やしたい
スマートタイプ

オーストラリア

ニュージーランド

カナダ

オーストラリア


ニュージーランド


カナダ


ご両親の英語力アップやスキルアップで広がる可能性を優先したいなら、お父様・お母様が学生ビザを取得しやすい、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドがお勧め。

お父様・お母様も通学するスタイルで一番人気なのは英語コース。
その他、職能訓練校やキャリアアップのためにMasterコースへ進学する方も。
この場合、お父様・お母様の通学先が最初に決定し、お子様の通学先は立地から公立・私立両方で検討します。
保護者ビザで行く留学と異なり、スケジュール面で少し大変なこともありますが、日本で仕事と育児を両立していた方や、目的や達成感を留学に求めたい方向け。お子様の人数が多いご家族の中には、お父様やお母様の通学によってお子様の公立の学費が無料になるカナダの制度を利用する方も。オーストラリアやニュージーランドでは、フルタイムの学生も一部就労が認められており、英語力を上げて現地で職能訓練を受けながら、就労や永住権申請までいく方も。

↓【各国のオススメ校はこちらをクリックしてください】↓



オーストラリア


ニュージーランド


カナダ
C
自分好みにしたい
スタイリッシュタイプ

シンガポール

オーストラリア

ドバイ

シンガポール

オーストラリア

ドバイ


限られた期間で日本にはない経験をしたいご家族にお薦めなのは、多国籍な人々が集まるシンガポールやドバイへの留学。また、通学とホリデーをバランス良く楽しみたいお父様・お母様には、オーストラリアが人気。

シンガポールやドバイは英語圏とは異なる文化圏のダイナミズムの中に飛び込むにはぴったり。
お子様をのびのびと育てたいご家族には、広大な土地、広い空と海が開放感のあるオーストラリア、日本の教育スタイルではなく自由で受容性のある環境を求めるご家族にはニュージーランドが人気。
弊社のスタイルで一番多いのがこのタイプ。ご家族の希望を、「居住環境」、「ビザ」、「学校」など、あらゆるポイントから検討し、優先順位を決めてオーダーメイドいたします。

↓【各国のオススメ校はこちらをクリックしてください】↓


シンガポール

オーストラリア

ドバイ
D
目的が明確な
フォーカスタイプ

マレーシア

オーストラリア

ニュージーランド

カナダ

マレーシア

オーストラリア

ニュージーランド

カナダ


英語を習得したくて全体の予算を抑えるなら、生活費の安いマレーシア。
学費の安いオーストラリア、ニュージーランド、カナダの公立校もお薦め。事前の計画を立てたい方に人気なのは、渡航前に通学場所と居住場所がプランニングできる各国の私立校やインターナショナルスクールです。

公立校は学費が安く、現地の生活の中で生活できることがメリットです。私立校は生徒一人一人へのケアが行き届き、設備やカリキュラムの見直しにも熱心。学費だけを見ると、各国の差は縮まりつつあり、予算の差は住居を含む、生活費の部分が大半です。お子様の英語力に自信がない場合、英語コースをもっている学校をご案内いたします。お子様の英語力に不安のある方も、どうぞお気軽にご相談ください。

↓【各国のオススメ校はこちらをクリックしてください】↓

マレーシア

オーストラリア

ニュージーランド

カナダ

  • 確実な方法を選びたい
    インテリジェンスタイプ
    • マレーシア

    • オーストラリア

    • ニュージーランド

    長期滞在や移住の意志が決まっていて、最初からビザの問題をクリアするなら、10年更新型の長期滞在ビザがあるマレーシアや、保護者ビザの制度のあるオーストラリア、ニュージーランド、または各国の永住権取得がお薦め。

    保護者ビザがある国では、比較的容易に親子の留学が実現しますが小学校まではビザの更新が必要な場合も。

    シンガポールやカナダには保護者ビザがありませんが、条件を満たせば保護者ビザのように家族での滞在が可能です。

    また、投資や不動産購入による教育のための永住権取得も人気。永住権を持っておくとビザ上のステータスが安定し、さらに現地の公立校が無料になるなど、お子様の人数が多いご家族や長期的なプランをお考えの方には、メリット大。

    アメリカの名門大学への進学を目指す方や、複雑なビザの問題を解決したい方にお薦めです。

    ↓【各国のオススメ校はこちらをクリックしてください】↓
    • マレーシア

    • オーストラリア

    • ニュージーランド

    続きを読む
  • 海外生活の選択肢を増やしたい
    スマートタイプ
    • オーストラリア

    • ニュージーランド

    • カナダ

    ご両親の英語力アップやスキルアップで広がる可能性を優先したいなら、お父様・お母様が学生ビザを取得しやすい、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドがお勧め。

    お父様・お母様も通学するスタイルで一番人気なのは英語コース。

    その他、職能訓練校やキャリアアップのためにMasterコースへ進学する方も。

    この場合、お父様・お母様の通学先が最初に決定し、お子様の通学先は立地から公立・私立両方で検討します。

    保護者ビザで行く留学と異なり、スケジュール面で少し大変なこともありますが、日本で仕事と育児を両立していた方や、目的や達成感を留学に求めたい方向け。お子様の人数が多いご家族の中には、お父様やお母様の通学によってお子様の公立の学費が無料になるカナダの制度を利用する方も。オーストラリアやニュージーランドでは、フルタイムの学生も一部就労が認められており、英語力を上げて現地で職能訓練を受けながら、就労や永住権申請までいく方も。

    ↓【各国のオススメ校はこちらをクリックしてください】↓
    • オーストラリア

    • ニュージーランド

    • カナダ

    続きを読む
  • 自分好みにしたい
    スタイリッシュタイプ
    • シンガポール

    • オーストラリア

    • ドバイ

    限られた期間で日本にはない経験をしたいご家族にお薦めなのは、多国籍な人々が集まるシンガポールやドバイへの留学。また、通学とホリデーをバランス良く楽しみたいお父様・お母様には、オーストラリアが人気。

    シンガポールやドバイは英語圏とは異なる文化圏のダイナミズムの中に飛び込むにはぴったり。

    お子様をのびのびと育てたいご家族には、広大な土地、広い空と海が開放感のあるオーストラリア、日本の教育スタイルではなく自由で受容性のある環境を求めるご家族にはニュージーランドが人気。

    弊社のスタイルで一番多いのがこのタイプ。ご家族の希望を、「居住環境」、「ビザ」、「学校」など、あらゆるポイントから検討し、優先順位を決めてオーダーメイドいたします。

    ↓【各国のオススメ校はこちらをクリックしてください】↓
    • シンガポール

    • オーストラリア

    • ドバイ

    続きを読む
  • 目的が明確な
    フォーカスタイプ
    • マレーシア

    • オーストラリア

    • ニュージーランド

    • カナダ

    英語を習得したくて全体の予算を抑えるなら、生活費の安いマレーシア。学費の安いオーストラリア、ニュージーランド、カナダの公立校もお薦め。事前の計画を立てたい方に人気なのは、渡航前に通学場所と居住場所がプランニングできる各国の私立校やインターナショナルスクールです。

    公立校は学費が安く、現地の生活の中で生活できることがメリットです。私立校は生徒一人一人へのケアが行き届き、設備やカリキュラムの見直しにも熱心。学費だけを見ると、各国の差は縮まりつつあり、予算の差は住居を含む、生活費の部分が大半です。お子様の英語力に自信がない場合、英語コースをもっている学校をご案内いたします。お子様の英語力に不安のある方も、どうぞお気軽にご相談ください。

    ↓【各国のオススメ校はこちらをクリックしてください】↓
    • マレーシア

    • オーストラリア

    • ニュージーランド

    • カナダ

    続きを読む

長期親子留学お問い合わせはこちら

Country list親子留学先一覧

留学についてのご相談・ご不明点など
お気軽にお電話ください

0120-070-069

月~金曜日 10:00~18:00(祝日を除く)

メールでのお問い合わせ
はこちら