長期留学

この国のオススメ学校情報

singapore

カナディアン・インターナショナルスクール

私立・インターナショナル校
1.Lakeside 2.Tanjon Katong (TK)
カナディアン・インターナショナルスクール
singapore

インターナショナルスクール オブ シンガポール

私立・インターナショナル校
幼、小、中:オーチャード 高:オーチャード西部
インターナショナルスクール オブ シンガポール
singapore

UWC サウス・イースト・アジア

私立・インターナショナル校
1.Dover :約3,000人 2.East :約2,200人
UWC サウス・イースト・アジア
singapore

セント・フランシス・メソジストスクール

私立・インターナショナル校
North west
セント・フランシス・メソジストスクール

Singapore

シンガポール

基本情報

時差:-1時間 ⾶⾏時間(東京発参考):直⾏便で7時間10分。⾶⾏時間はあくまで⽬安です。

留学情報

シンガポールの⻑期留学は、世界が注⽬する ⾼度な教育と⽣活のしやすさで、海外初⼼者にもベテラン家族にも⼈気です。
⽣活費は⾼めですが、世界中から集まる多様性あるカルチャーの中、近年は中国語とのバイリンガル教育を⽬指す⽅もいらっしゃいます。⺟⼦留学先として質が⾼く安⼼・安全で、お⽗様も安⼼して送り出せる留学先です。

基本情報

保護者として⺟親が⼦どもの留学に付き添うことが可能です。シンガポール⼈ のローカルスポンサーと、⼗分な収⼊証明が必要になります。

エリアで絞り込む (クリア)

カナディアン・インターナショナルスクール
Canadian International School
学校形態
私立・インターナショナル校
キャンパス
1.Lakeside 2.Tanjon Katong (TK)
受入学年/学生数
幼稚園、小中高 ( 3 歳から取得可)/約3,100人
特徴

滞在形態:通学/教育特徴:ESL、IB、プログラム(国際バカロレア)/学費 2017:18,770SGD~37,990SGD/年

1990年にIBスクールとして創立されたインターナショナル校です。 70 以上 の国籍の 多様な生徒たちが学んでいます。キャンパスはLakeside Campus (レイクサイド)、と ダウンタウンの Tanjong Katong(タンジョン・カトン)の2カ所 です。 1 クラスは 20 名前後で構成されています。 1 週間のサマーコース や、春には一般にも解放されるフェア があるので学校体験が可能です 。

幼稚園から高校まで世界水準のIB プログラムで継続して学ぶことができます。英語後を母国語としない生徒のための 、 初心者向け指導には定評があり、 21 世紀型の 学習指導に力を入れています。理数系や芸術を融合させた学習 STEAM や、 2018 年からは Grade7 12 のSecondary School の生徒向けに 、 新しい英語 、数学、科学の追加 強化 プログラムがスタートします。 IB 取得プログラムへの架け橋としての学力強化が期待できます。 英語、中国語、フランス語をメインとするバイリンガルコースに特色があり、 2 カ国語でディプロマ取得が可能。

放課後は、豊富な課外活動が人気。多種多様なバックグラウンドの家族がいるため、保護者向けの英語 や中国語のクラスもあります。
入学に際しては英語と数学のクラス分け試験があります。

 

インターナショナルスクール オブ シンガポール
ISS International School of Singapore
学校形態
私立・インターナショナル校
キャンパス
幼、小、中:オーチャード 高:オーチャード西部
受入学年/学生数
幼稚園(4-6歳)、小中高 / 約600人
ホームページ
特徴

滞在形態:通学/教育特徴:ESL、IB(国際バカロレア)/学費:25,038SGD(幼稚園)~35,524SGD(G 12)

シンガポール教育省の認可を受けた、歴史あるインター校です。IBの認可を、幼稚園から高等部まで一貫して受けた人気校です。
多様性に富んだ学習環境と、すべての生徒を大切にする校風です。ひとりひとりに異なる指導方法を提供して、生徒自らが力を発揮することを促し、能力と個性を引き出します。小規模な学校なので、スタッフの目が生徒へ目が行き届くという点も人気です。日本人の割合は他の学校に比べると少し多いイメージです。

英語を母国語としない生徒のための英語補修(ESL)が充実していて、各レベルに応じた細かい指導を行っています。
小、中学生は町の中心地オーチャードに位置し、ロケーションが抜群です。高等部に上がると、西部にある丘の上のキャンパスで、緑に囲まれながらのびのびと勉強にはぐくむことができます。

卒業生は主に米、英、豪、カナダを中心とする欧米の大学、また日本の有名大学へも進学しています。

 

UWC サウス・イースト・アジア
UWC South East Asia in Singapore
学校形態
私立・インターナショナル校
キャンパス
1.Dover :約3,000人 2.East :約2,200人
受入学年/学生数
幼稚園・小中高 / 約5,200人(DoverとEastキャンパス計)
ホームページ
特徴

滞在形態:通学、学生寮(13歳以上、全生徒の7%) ESL:(Y4~)/学費:通学 37,485SGD(K1)~44,580SGD(G12)/学生寮 34,590 SGD(G8~G12)/教育特徴:IB(国際バカロレア)、ESL

世界80ヶ国以上から選抜された、優秀な生徒が集まるUWC(ユナイテッド・ワールド・カレッジ、本部:ロンドン)は、「国際バカロレア」(IB)を導入したカリキュラムを通じて、国際感覚豊かな人材を養成することを目的とする、国際的な民間教育機関です。UWCSEAはそのシンガポール校です。

UWCSEAはK1(年中)から、G12(高3)までの一貫教育を実施する、UWCのなかでも数少ない幼小中高一貫校です。
G8までは入試がありません。IBの資格取得には学力だけでなく、総合的な学習能力とタイムマネジメント力が要求されます。

そのため小学生からアウトドア教育、高校生ではボランティア活動に力をいれています。

英語を母国語としない生徒のために、各学年に渡ってきめ細かな英語補修プログラムが準備されています。

IBの資格習得プログラムは在籍している生徒全員が履修します。合格率は99%で、世界平均合格率の80%を超えています。アメリカのアイビーリーグやイギリスのケンブリッジ、オックスフォードといったトップ校に、毎年多くの卒業生が進学しています。

 

セント・フランシス・メソジストスクール
St.Francis Methodist School
学校形態
私立・インターナショナル校
キャンパス
North west
受入学年/学生数
幼稚園・小中高 12~18歳 / 600名
ホームページ
特徴

滞在形態:通学・寮・ホームステイ/ESL:(Y4~)/学費:約18,000SGD~/教育特徴:ESL,ピアソン,西オーストラリア

セントフランシスはシンガポールが独立する 5 年前に設立されたシンガポールの中でも歴史があるインター校です。
元々女子校だったこの学校は今では共学となり、全校生徒の実に80%が留学生で構成されています。アジアを中心に約20の国の生徒が集まる学校です。

英語が苦手な生徒には、まずは学校独自の EIP プログラムで英語や、IT、数学などを学び、本科へ入るシステムとなっており、シンガポールでも第二言語の生徒へのフォローが充実しています。

日本の学校とも姉妹提携を結んでおり、日本人の受け入れにも力を入れております。

中学三年、四年次には三つの異なるコースから自分の適正を見極め進学する事が可能。
西オーストラリア州のカリキュラムや、英国のケンブリッジなどのコースから選択でき、シンガポールや豪州、イギリスなどの大学へ進学する生徒が多い。短期のサマープログラムで学校の雰囲気を体験することも可能。
2015 年 12 月からあらたな電車が開通することで、中心地から約20分程度の通学が可能となります。

 

留学についてのご相談・ご不明点などお気軽にお電話ください
0120-070-069
月曜〜金曜 10:00~18:00
メールでのお問い合わせはこちら