体験談

志村様:ビューティサロン経営

シンガポール

海外生活をしながら、仕事と子育てを両立することが出来ています。

志村様:ビューティサロン経営


Q留学のきっかけは何ですか?
私自身、英語があまり話せませんので色々な後悔があります。娘には言葉の壁がなく自由で多様な思考の中で育って欲しかったのです。志望校のインターナショナルスクールは年少・年長と2度の不合格。今回、受験の為に留学を決意しました。

カナダや、オーストラリアで計画し動いていましたが仕事のタイミングと小学校入学までに日本に帰国するタイミングを逆算すると準備の時間はタイトで、visaの問題や現地エージェント、学校の対応をゆっくりと待つことが難しく、今回シンガポールをご提案頂き渡航することになりました。入学までの対応の早さや教育水準の高さが決め手となりました。
Q留学する前は親子留学についてどんなイメージがありましたか?
単純に子供の留学に親が付いていく。というそのままのイメージでした。ただ日本にいる際は幼稚園に通わせていたものの、仕事で毎日夜8時まで幼児教室に預け土日も仕事の生活を続けていましたので、親子留学をきっかけにいっそう密な家族の時間が持てるのではないか期待していました。

子供については学校やお友達とすぐに慣れ、あっという間にペラペラになって順応するのでは!と勝手に思っていましたが、実際は丸1ヶ月はお友達が出来なかったようで暗い顔をして下を向いて帰ってくる日も多く親子共々辛い時期でもありました。

2ヶ月目からは何人かお友達もでき3ヶ月目から耳がよくなり話せないものの聞き取りがすごくできるようになりました。4ヶ月目の今は単語や3語文くらいの言葉が出てくるようになっています。
Q実際に留学してお子様が成長した点や変わった点はありますか?
娘は元々恥ずかしがり屋で、初めての人にはボソボソと下を向いて話すところがありました。

海外ではボソボソ喋るとwhat’s?と聞き返されて余計恥ずかしい気持ちになると気づいた様で、
近頃では買い物の際もお金を渡して自分で注文させると遠くにいる私の方まで声が聞こえるほど大きな声で話せる様になりました。
Q実際に留学してお母様が成長した点や変わった点はありますか?
成長したと言えるかは分かりませんが、子育てにおいて子供に大事にして欲しい軸は変わりました。こうでなければいけ無い。とか周りと合わせたい親の癖。他の子もそうしてるからうちも。みたいな日本人的な子育ての常識から抜け出す事を今努力をしています。

初めての登校の日、制服以外の持ち物は水筒のみ。ざっくりな指示が余計不安になりました。

日本なら”ストロータイプの紐付きのものでお願いします”とか細かい指示があります。

靴もなんとなく運動靴が常識でしょ。と思いがちですが本人にとってクロックスがリラックスシューズならサンダルOKです。
大事なもの持ってこないでとか禁止もあまりも言われない。当然無くした時は自己責任。
親の私は協調生ばかりを教育をされていたので周りの子達の様子を伺いたくなる癖を無くすのは本当に大変です。

しかしこちらにいると「みんなと一緒が安心する」のは日本の中だけかも知れないと気付かされます。
これからを生きる子供逹が世界で活躍する為に、自分の意見を持つ大切さと、どうしてこれがよかったのか本人が説明できれば、自己責任のもとに何でも自由で良いんだな。良い環境だなと改めて感じています。
Q留学先での印象に残ったエピソードはありますか?
クラスのお友達のお誕生日会にお呼ばれしました♪コンドミニアムのファンクションルーム(共有スペース)で風船でたくさん飾り付けしてマジシャンがきて子供達が喜ぶ空間でとても良い体験でした。同伴する親同士のコミュニケーションの場でもあり、クラスのwhatsAppにもその時招待してもらって交友が増えました。(日本のLINEのようなもの)シンガポール式のお誕生日会は日本に帰ってからもやって見たいなと思いました。

(もちろん日本のようにプレゼントの相場合わせようよ見たいのはないです。みんな幾らくらいのプレゼント持って行くんだ!って不安になったけど、こちらの方にあげたいものをあげなよって言われました。確かに。。。)
Q今後親子留学を検討している方へメッセージをお願いします!
成長した娘がもし自分の意思で留学を嫌がったら!と思い渡航するなら幼少期の早めの時期に留学をさせ、英語や違う環境への免疫をつけておきたいと思っていました。

また子供が大きくなってからの留学は自分の意思で留学を決められる年頃にもなると親はついて来なくていいと単身留学をしてしまうはず!とも思っていました。

親子でできる留学は限られた時間なのかも知れません。

行きたいと思ったら短期でも迷わず親子留学を行って見てください。
Qその他のご感想など
こちらには家族3人できました。当初は主人は住む予定にありませんでしたが、今は娘の成長を主人も見ることが出来とても喜んでおります。

日本とは違う教育環境に触れ、夫婦間の教育方針なの溝も少し埋められたように思います。また頼れる身内も近くに居ませんので家族で協力することでより一層絆が強くなったように感じます。

私は平日語学学校に通いながら、私と主人それぞれ自営業をしていますので毎日日本とのやりとりで遠隔での業務や電話やLINEでのやりとりがあります。

時差がほとんど無い為あまり支障はありません。月に1度交代で3日間づつ仕事の為に帰国する生活をしております。

海外生活をしながら、仕事と子育てを両立することが出来ています。

留学についてのご相談・ご不明点など
お気軽にお電話ください

0120-070-069

月~金曜日 10:00~18:00(祝日を除く)

メールでのお問い合わせ
はこちら